Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リフォーム補助金制度で国からトイレは?費用の相場・必要な書類を解説

リフォーム補助金制度で国からトイレは?費用の相場・必要な書類を解説

この記事では『トイレをリフォームする際に国から受けられる補助金制度』についてまとめていきます!

 

『リフォーム補助金制度』はリフォームの目的がバリアフリー化やエコ化である場合に受けられるもので、費用の大部分を国や自治体が負担してくれるものです。

 

今回はありがちな『トイレのリフォーム』のときに受けられる補助金に焦点を当てて参ります。

トイレのリフォームあれこれ

トイレのリフォームにはいくら掛かる?

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
トイレのリフォームと一口に言っても、その実態は千差万別です

まずはトイレのリフォームに掛かってくる費用の相場を知っておきましょう

ただし、リフォームは利用する業者や使用する材料などによって値段が大幅に上下しますので、以下の例は場合によっては当てにならないことを覚えておきましょう

 

工事内容 料金相場
便座交換や手摺の設置 3~10万円
手洗い場を設置する 10~30万円
便器を違う種類に交換する 20~50万円(選ぶ便器次第)
和式から洋式へ 50万円以上(業者による)
トイレの場所を移動したい 50万円以上(業者による)

 

豆知識:トイレの内装工事相場

 

使用する材料やリフォーム業者によって変わってきますが、トイレの内装工事相場は1坪あたり約4万円になります。

 

トイレのリフォームには失敗が多い!?

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん
そろそろ親も歳なんで一緒に住みはじめて、足腰が悪い母さんのためにトイレをリフォームしたけど・・・

なんだこりゃ! 便座を大きくていいのにしたら、トイレがすごく狭くて使いにくくなっちゃったよ!

バリアフリーのためにつけた手摺もてんで邪魔だし、大失敗だぁ~!

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
トイレの施工は業者とよく相談のうえ実施しないと頻繁に失敗してしまいます

ここではまずトイレ・リフォームにありがちな失敗や費用などを学んだうえで、トイレ工事の事例を見てみましょう

 

トイレ工事にありがちな失敗1:便座

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん
便座はタンクレス(※)がお洒落で格好いいよな~!

僕の家のトイレはちょっと狭いけど、まあ入ることには入るからいいだろう!

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
便座選びは慎重に行わないと取り返しがつかないことになる場合もあります

 

※タンクレス便座・・・文字通り『排水タンク』のついていない便座のこと。スタイリッシュなうえ掃除の手間が省けたりする一方で、掃除場所そのものは増えたり、停電時に使い物にならなくなることも

 

トイレ・リフォームにありがちな失敗が『便座選び』です。

 

便座なんてどれも同じでしょ? と思われるかもしれませんが、便座にはメーカー毎に特徴があるほか、値段によって機能に差があることがほとんどです。

 

たとえば5万円の『シンプルタイプ』にはなんの効果もありませんが、そこに10万円を上乗せした15万円の『スタンダードタイプ』だと、ウォシュレットや脱臭機能がついていたりします。

 

また便座によってサイズの差も顕著です。

 

ちょっと大きいけど入るからいいだろう、と思って入れ込んだ便座のために排水タンクがうまく設置できず、結局便座もリフォームもやり直しになる、ということもありえます。

 

そこまで行かずともトイレが狭くなって閉塞感にさいなまれることに・・・なんていうのはトイレ・リフォームのあるあるです。

 

便座選びには気を使いましょう。

 

トイレ工事にありがちな失敗2:ドアの配置

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん
ドアの配置?

トイレのドアなんて内開でも外開きでも、どんなのでもいいし、そもそも位置も何も無いでしょ!

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
実は大アリです

トイレのドアの配置やドアそのものの構造はトイレの利便性を左右します

 

トイレをリフォームする規模にもよりますが、全面的なリフォームを行う場合には『入口』、つまりトイレのドアに関しても改造されるかと思います。

 

そのとき気をつけたいのが『内開』と『外開き』であるとか『ドアの位置』です。

 

特にもともとトイレのスペースがそう広くない場合、ドアを便座に近い位置につけすぎてしまう、あるいは内開にしてしまうと、トイレの中が非常に窮屈になります。

 

また、高齢者の居る家庭などでトイレに手すりを設けた場合には、ドアから手すりまでの距離を考慮をしておく必要があるでしょう。

 

トイレ工事にありがちな失敗3:床と壁の素材

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん

軽い気持ちでトイレリフォームをした家田さん
さーて、トイレトイレ・・・

って、うわあ! リフォームしてからまだ半年なのに、床にカビがびっしり!

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
トイレの壁や床には水が跳ねることを前提としている建材を使いましょう

さもないとリフォームから数ヶ月以内にカビてしまうか、建材が腐ることも有り得ます

 

『トイレ』は人が思っているよりも水が跳ねる場所ですし、そもそも下水や水道と直結していますから、かなりの湿度があります。

 

したがってトイレの床や壁の建材は必ず『水に強い素材』でなければいけません。

 

おおよその業者ではそういった素材をオススメしてくるかと思いますが、依頼主の方で『もっと料金を切り詰めたい』=『安い素材にしてくれないか』などと依頼すると、水に弱くて腐りやすい建材を使用されることもあります。

 

トイレのリフォーム補助金

 

リフォーム補助金とはそもそも何か

トイレリフォームをしたい家田さん

トイレリフォームをしたい家田さん
そろそろ腰の曲がってきた親のためにトイレをリフォームしたいけど・・・

見積もりは合計50万円! コレは払えないし、ローンを組むのもなあ

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
リフォーム内容がバリアフリー化のためやエコ化のためなど、そういった場合には国や自治体が補助金を出してくれる場合があります

もちろん『トイレのリフォーム』以外でも、目的がバリアフリー化やエコ化であれば補助を受けることができます

エレベーターをつけるのに補助を受けた、という例もありますよ

 

『トイレのリフォーム』は非常にありがちなリフォームですが、なかでも『高齢の家族のためにするリフォーム』が大きな割合を占めるようです。

 

ただし、そういうリフォーム工事はしばしば大型化し、50~60万円を超える費用が掛かることもあります。

 

そういうときは『リフォーム補助金(助成金)』を頼ってみましょう。

 

『リフォーム補助金』には色々が種類がありますが、代表的なものがまさしく『バリアフリー化のためのリフォーム補助金』で、申請は市役所や区役所から可能です。

 

補助金額は自治体によって異なるため、一概にこれぐらい補助してもらえる、とは言い難いのですが、およそ20万円ぐらいまでを上限に補助してくれるところが多いようです。

 

ちなみに『バリアフリー化』以外には『耐震性を向上するためのリフォーム補助金』『省エネリフォームのための補助金』などがあります。

 

『トイレのリフォーム』で受けられる『補助金』といえば、『バリアフリー化』か、節水型のトイレを利用する場合などには『エコ化』でしょう。

 

こちらは上限額が5~10万円に設定されていることが多いようです。

 

どういった『補助金』を実施しているのかもまた自治体によって異なりますから、リフォームを考えたときはまずお近くの役所に連絡してみると良いでしょう。

 

認定や手続きが大変!?

トイレリフォームをしたい家田さん

トイレリフォームをしたい家田さん
よーし、じゃあ補助金を使ってばんばんリフォームするぞー!

・・・ってあれ、申請ってすぐ通らないの? どんな書類がいるわけ?

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
リフォーム補助金はどんな場合にでも出るわけではありませんし、出るまでに期間が掛かることもあります。また、必要な書類を揃えていないと支給されない場合もありますので注意しましょう

 

ここでは申請例の多い『バリアフリー化』を例として、その申請や認定手続きについて纏めます。

 

『トイレのバリアフリー化のための補助金』を申請する場合、同居する家族が『介護認定』『要支援認定』等を受けておられることが前提になります

 

申請は自治体の『介護保険課』に行い、まず事前相談を行った上で、補助が受けられるかの審査にはおおよそ1ヶ月程度が必要です。

 

申請が通った場合、そこから『施工業者』と契約を交わしますが、その工事計画の提出を求める自治体がほとんどです。

 

自治体のほか、リフォーム業者の方でノウハウがあることもありますから、どうすれば(どんな書類を提出すれば)いいか分からなくなったときは、必ず誰かに相談しましょう。

 

また、工事が始まる前と後には『工事する箇所がもともとはどのようだったか、リフォームしたらどうなったか』を写真に撮って自治体に提出せねばならないことがあります。

 

そのうえで『中間審査』、つまり工事中に区の担当者がやってきて『工事が適切に進められているか』を審査される場合もあります。

 

こういった『審査』がある場合、『中間』の他にも『完了後審査』などで工事後に担当者が訪問がされる場合もあります。

 

バリアフリー補助金を受けるのに必要な書類は?

 

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
自治体によって大きく異る場合があるので、下記はあくまでも一例として捉えましょう

申請時には大量の書類が必要となるのでちょっと大変ですが、頑張りましょう

 

事前相談の際 事前相談表
建物の築年数などがわかる書類

 

申請時 世帯全員の住民票
 住宅の所有者が確認できる下記のいずれかの書類
□建物登記簿謄本(建物全部事項証明書)
□固定資産評価証明書(名入れ)
□家屋所在証明書
□売買契約書
建物建築年月日が確認できる下記のいずれかの書類
□建築確認申請副本
□建築確認済証の写し
□建物登記簿謄本(建物全部事項証明書)
□固定資産評価証明書
世帯全員(同居予定者も含む)の市税を滞納していない証明書
 家屋所有者 同意書(共有名義の場合のみ)
土地所有者 承諾書(借地及び共有名義の場合)
補助対象事業の見積書

 

工事終了後 領収書の写し
 補助対象事業の内容が確認できる下記のいずれかの書類
□契約書の写し
□明細書の写し
施工箇所の工事前、工事中、改修後の写真

 

トイレリフォームの補助金を受けた人の口コミ

 

Aさん『8割補助してもらった』

 

Aさん

Aさん
トイレをバリアフリー化するために、市から補助金を貰いました。20万円の工事で18万円ほど助成してもらいました。施工内容はトイレの便座を新しいものに変えるのと、戸を引き戸にすることでした

 

Bさん『申請が大変だが』

 

Aさん

Aさん
申請するための書類がとにかく多くて、役所の中を駆けずり回りました(笑)。ですがその甲斐あって17万円の工事を9割補助して貰いました。ただ、審査が通ってからもやることが多いし、うちの場合は工事が3日間で、その間に人が工事を見に来ることもあったので、工事が終わるまではとても忙しかったですね

 

Cさん『補助金ありきの工事ではなかったが』

 

Aさん

Aさん
うちのトイレリフォームは110万円でした。トイレの位置を動かしたりしたのでこの金額です。もとから助成金だけで何とか出来るとは思っていませんでしたし、そもそも助成金の存在を知りませんでした。工事を始める寸前に友人から教えてもらって知ったのですが、手続きが大変そうで…もとから110万円は用意していたし、どうしようかなあ、と悩んだのですが、ついに使うことにしました。結果的に20万円ぐらいが補助され、工費が100万円を切り、その余った予算で階段に手すりをつけるという別の工事が出来たので、満足しています

 

Dさん『トイレというかトイレの段差のリフォームを』

Aさん

Aさん
我が家のトイレには段差があり、高齢者が居るので躓くと大変だ、ということで、その段差を取るためのリフォームを計画していました。これでも申請が通るのかな?と不安でしたが、いざやってみると簡単に通りました。てすりをつけるとか段差を取るとか、なんなら家にエレベーターをつけるとかっていうのにも補助金が出るそうです

 

安心・安全にトイレリフォームを無料で検討するなら

あなたの大事な住まいは、あなたを始めご家族全員の人生そのもの。

そんな大切な場所だからこそ、あなたにもご家族にとっても最高の環境で過ごすことができたら一番ですよね。

佐藤さん

佐藤さん
今の家を全体的にリフォームしたいんだけど、それ自体が可能なのか、新築の方が先のこともトータルで考えた時にメリットが多いのかな…。
田中さん

田中さん
子供の将来のことも考えて、家の間取りを変更してみたいんだけど、どこに頼めば安心してお得に工事してくれるのかな?
内藤さん一家

内藤さん一家
2世帯だから自分の親の介護のことも考えて、トイレやお風呂も含めたバリアフィリーもできるのだろうか。
大山さん

大山さん
玄関のドアや家の外壁もお得に見直すことができたらいいな!
山本さん

山本さん
キッチンも快適にリフォームして美味しい料理をもっとたくさん作りたいな。収納も充実させたい!

子供の成長や親御様の老後、あなたとあなたの大切な人の将来を考えた時に、その生活や環境の変化によって毎日の空間も変えることができたらいいな!と思いますよね。

毎日の空間だからこそ、家族全員が充実した楽しい暮らしができるようにしていきたいもの。

 

今では、こうした暮らしの変化に合わせてリフォームやリノベーションが流行っていますが、中にはその幸せな気持ちを逆手にとって飛び込みで営業をかけてくる業者や、実際に工事をしてもらっても低単価で技術の低い人を雇っていたりして、結局その後トラブルが続出してしまうという悪徳業者の横行も目立ち始めています。

 

家は一生モノだからこそ、失敗のない丁寧で安心・安全な業者にお手入れしてもらいたいですよね。

だからこそ、実績と信頼のおける複数の業者に一括でみてもらい、あなたとご家族が総合的にきちんと判断できる状態から始めていきたいところではないでしょうか。

 

そこでおすすめなのがリショップナビの総合一括見積もりサービス。

リショップナビなら、

  1. ご依頼:お電話OK!メールで簡単30秒で入力完了
  2. 業者査定:専門スタッフが最大5社の業者選定
  3. ご紹介:優良業者のみをご紹介し、徹底比較・検討し最安値が見つかる!

といった簡単3ステップなのに、安心してあなたに合った優良なリフォームに特化した業者を選ぶことができるんですよ♪

 

リショップナビがご紹介するのは、保険の加入状況やリフォーム工事実績など複数項目の審査にクリアした会社のみ!

コンシェルジュが厳選した業者で施工し、万が一リフォームの工事ミスがあった場合でも、再工事費用をカバーする『安心リフォーム保証制度』に加入しているリフォーム会社をご紹介しているからとことん安心なんです!

>>無料で一括見積もりをしてみる

大事な住まいをリフォームする際には、今や複数業者の比較が必須です。

  • リフォーム価格
  • キッチン・洗面台などの材料費
  • 配送や取り付けなどにかかる人件費
  • 送料や不用品などの諸経費

このように価格が決められる中で、リフォーム会社によっても得意な工事が異なるから、その分あなたが支払う費用や住まいにとって納得のいくものであった方が圧倒的に良いですよね。

https://reform-navi.design/

これだけ費用の差が出てしまうのですから、不当に高い工事になってしまうことだって十分に考えられるのです。

だからこそ、複数業者での比較をして、こだわる部分・節約できる部分を明確するための徹底検討が必要になってくるんですよ!

 

図のように、リショップナビなら見積もり書を比較するだけで最大50%OFFになることも。

住まいにあまり詳しくない方でも、専門スタッフに相談しながらあなたに合ったプランで進めてくれる。

https://reform-navi.design/

一定基準をクリアしている業者を始め、知名度の高い安心の大手業者とも提携しているから、幅広く徹底的に検討していくことが可能になるのです。

お見積は完全無料ですので、まずは試しに比較してみてはいかがでしょうか♪

>>【簡単30秒】無料で一括見積もりしてみる

 

リショップナビ利用者の口コミ・評判

 

佐藤さん:納得のいくリフォームできました!

https://reform-navi.design/
佐藤さん

佐藤さん
築年数も20年たっていたところなので、見た目も古く訪問販売からフルリフォームを提案されていました。外壁だけでも250万円で見積もりを出されていたので、この金額が適正なものなのかわからず、不安に思いリショップナビに相談してみたんです。すると「高過ぎる!」とのことで実際に見積もりをしてもらったんです。紹介された中の最安値で業者を決めましたが、訪問販売で提示されていた外壁だけの部分でも165万円になって安く工事ができました!

 

田中さん:快適に暮らせています

https://reform-navi.design/
田中さん

田中さん
部屋をひとつにしたところもあり、空間が広くなってとても快適です。将来的にこども部屋にもその他のニーズにも十分に答えてくれそうで、可能性が広がっています!

 

内藤さん一家:みんなが使いやすくなりました

内藤さん一家

内藤さん一家
浴室もトイレもみんなが使いやすいようにリフォームすることができました。リショップナビで複数業者を検討したおかげで、一番高いところから40%も安く工事することができたんです。このお金で旅行にでも行こうと思います!

 

大山さん:23万円で大満足!

https://rehome-navi.com/articles/205

出典:https://rehome-navi.com/articles/205

大山さん

大山さん
最初に古くなっていた玄関のドアを見積もりしうてもらい、1枚片開きのドアを交換してもらい23万円で今時の玄関が完成しました。その後も一切トラブルなく、この後は外壁の工事もお願いしてます。家がキレイに整っていくと生活も気分も充実していきますね!

 

山本さん:得意な業者だからお得で便利になりました

山本さん

山本さん
収納が少なく使いにくかったキッチンが快適に!最初はどんなキッチンにするかどこに依頼すれば良いのかもわからなかたったのですが、リショップナビに相談したところキッチンリフォームが得意な会社を紹介してもらえたので、どうにもならないと思っていた空間がお得に便利になりました!

 

『リフォーム補助金制度・国』トイレ まとめ

 

今回は『トイレをリフォームする際に受けられる国の補助金制度』について纏めて参りました。

 

ずばり

  • トイレリフォームの目的がバリアフリー化やエコ化であれば補助金を受けられる
  • 何れも自治体の担当部署に申し出る
  • よくある『バリアフリー化』の場合は介護保険課に
  • バリアフリー補助を受けるには同居家族に『要介護or要支援』認定者が居る必要がある
  • 補助上限は20~30万円であることが多い
  • 手続きはやや大変
  • トイレに限らず、目的がバリアフリーやエコ化であればどんな工事でも補助を受けられる

 

20~30万円の補助金では賄いきれない『リフォーム』も多いかと思いますが、とはいえ補助金を貰えば予算が浮きます。

 

予算が浮けばトイレに限らず、階段や浴室などのバリアフリー(エコ)化も進めることができるでしょう。

 

手続きはそれなりに大変ですが、『補助金制度』は積極的に利用していけると良いですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タウンライフリフォーム評判

タウンライフリフォームの評判は悪い?口コミの評価を検証してみた結果

リフォーム 風呂 増設 移動 費用

リフォーム風呂増設・移動費用の相場は?知っておくべき4つのポイント

リフォーム キッチン移動 安い

リフォーム『キッチン移動』はどこが安い?6つの対策で失敗しない選び方が確実な件

リノコ 評判 口コミ リフォーム 壁紙 トイレ

リノコ評判・口コミは最悪?リフォームで壁紙・トイレはどう?!

アエラのリフォーム

アエラのリフォーム評判は?口コミでわかった無料診断の結果

リフォーム『キッチン』マンションの費用・相場と工期は?口コミの評判も掲載

リフォーム『キッチン』マンションの費用・相場と工期は?口コミの評判も掲載