Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リフォーム風呂のバリアフリー費用・相場は?注意点と口コミ

リフォーム 風呂 バリアフリー

『お風呂のバリアフリー化のリフォーム』について費用や相場、注意点と口コミを含めご紹介していきます!

 

バリアフリー化といえば高齢者や障害者と、彼らを介護する人の負担を減らし、快適な生活を送るためにするリフォームです。

 

わけても『お風呂場』は、何せ日常的に使うところですから、トイレと並んで優先するべきバリアフリー化ポイントですね。

 

ここからは『お風呂場のバリアフリー化』について、その内容はどんなものがあるか、費用は幾らぐらいが相場か、を纏めて行きます。

お風呂場のバリアフリー化について

 

そもそもお風呂場のどこをバリアフリー化するべきなのか

 

お風呂をバリアフリー化する場合のポイントはおおよそ次の11点です。

 

  1. 脱衣所とお風呂場との間にある段差を解消する(あればお風呂場内のものも)
  2. 床を滑りにくい素材に変える
  3. お風呂場のサイズを変更して身体の向きを変えやすくする
  4. 脱衣所やお風呂場へ続く扉を大きく通りやすくする
  5. それらの扉を高齢者などでも開閉しやすい引き戸にする
  6. 断熱性の向上
  7. お風呂場や脱衣所に手すりを設置する
  8. 浴槽の高さを変更する(跨ぎやすい高さに)
  9. 浴槽内に手すりを設置する
  10. 浴槽に腰掛けをつける
  11. 浴槽内に昇降を助けるためのリフトをつける

 

この中でも『段差の解消』、『手すりの設置』、それと『扉の変更』あたりは重要視される工事です。

 

これは単に快適なお風呂場を作る以上に、介護保険や自治体が定めるリフォーム助成金を受けるために重要です。

 

なお『断熱性の向上』はお風呂場の使いやすさを左右しませんが、入浴による急激な体温変更によって起きる『ヒートショック』(※)を防ぐ効果があります。

 

高齢者は特に『ヒートショック』を起こしやすいので、余裕があれば断熱性にも気を配りましょう。

 

※体温が急激に変化することで失神してしまう現象。最悪の場合、心筋梗塞や脳梗塞を誘発する。

 

ユニットバスはリフォームし辛い

 

ユニットバスは規格品ですから、パーツを改造したり後付する自由度が高くありません。

 

たとえば壁に手すりを後付する、ぐらいのことは出来ますが、浴槽の大きさを変更することは出来ません。

 

のみならず、浴槽や壁に穴を開けることすら非推奨です。

 

ユニットバスを徹底的にリフォームするのであれば、既存のバスを別のユニットバスに替えるか、あるいはお風呂場そのものを在来工法で作り直すか、という大型工事になります。

 

※浴槽や床、壁、シャワーなどをセットにしたお風呂の販売形式のこと。トイレと浴槽が合体しているものではない。

 

お風呂のバリアフリー・リフォーム費用の相場

 

工事内容 費用相場
段差の解消 5~10万円
床材の張替え 10~20万円
浴室の広さ変更 30~50万円
ドア交換  6~20万円
暖房設備の追加 20~50万円
壁に手すりを設置 3~5万円
浴槽交換 10~40万円
浴槽内に手すりを追加 1万円前後
浴槽内にリフトを追加 20~30万円

 

ユニットバスを入れ替える場合の予算

 

ユニットバスをバリアフリーに特化したものに替える場合、その費用は約100万円~になります。

 

なお、ユニットバスの値段は基本的に大きさと設備の質や量に依り、値段が高ければバリアフリー性能が高いというわけではありません。

 

ユニットバスを買う際は値段にとらわれず、どのバスがそれを必要とする人に最適なのか、を考えて選びましょう。

 

『注意点』お風呂場をバリアフリー化するために気をつけること

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
お風呂をバリアフリー化する際に気をつけねばならないのは、何よりも水漏れです

 

手すりの設置工事には浴室の壁や浴槽に穴を開ける工事が伴いますから、工事後の防水処理を怠たれば水漏れが起きてしまう恐れがあります。

 

この水漏れが起きると浴室基礎が腐食し、何らかの事故やより大きなリフォームを必要とするようになりますから注意しましょう。

 

また古い浴槽に手すりをつけると水漏れの危険が高くなります。

 

浴槽が20年以上使用されている場合には、浴槽そのものを交換しましょう。

 

脱衣所側への水漏れにも気をつけて!

 

特に在来工法で作られたお風呂は段差を後から削ることを想定していません。

 

よって、在来工法のお風呂から段差を抜くと、脱衣所の方に水漏れが生じることがあります。

 

そうなると脱衣所の床が壁が駄目になってしまいますから、シャワーや浴槽や排水口の位置に気を使いましょう。

 

介護保険と自治体からの助成金

お風呂のバリアフリー化を考えている家田さん

お風呂のバリアフリー化を考えている家田さん
バリアフリー化リフォームを計画してみたけど・・・

最終的な金額が100万円オーバーだ! 流石に払えないなぁ!

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
バリアフリー化の費用は介護保険や自治体からの助成金で賄えることもあります

 

リフォームの目的がバリアフリー化である場合、20万円を上限として、介護保険が適応される可能性があります。

 

また同様に国や自治体が実施している助成金を受けられる可能性もあり、これら2つは併用できる場合もあります。

 

基本的には『バリアフリー化を目的とするリフォームである』=『お風呂場に手すりをつけるなどの工事を実施する』ことと、家庭に要介護や支援認定者がいれば上記2つを受けることができるでしょう。

 

申請には手間や書類がそれなりに掛かりますが、気になる方はまず役所に相談してみましょう。

 

お風呂場をバリアフリー化した人の口コミ

 

Aさん『お風呂場に手摺を設置』

Aさん

Aさん
そろそろ高齢になってきた父のためにお風呂場に手摺りを追加しました。工費は約2万円でした。手摺りにも色々タイプがあって、握りやすさなどが違うので、誰が使うのかなどによって付ける手摺りそのものをよく選ぶ必要があると想います

 

Bさん『助成金を貰いました』

Aさん

Aさん
お風呂場のリフォームに国から助成金を貰いました。申請するために役所中を駈けずり周りましたが、最終的に18万円ぐらい助成して貰えたので助かりました!

 

老々介護をしているCさん『お風呂場のリフォームは大事』

Aさん

Aさん
ほぼ老老介護の状態になっています。私自身、かなり身体にガタが来ているので、お風呂場を使いやすくリフォームするのは妻のためにも自分のためにもなります。もう少し若いうちにリフォームしておいても良かったかもしれません

 

Dさん『水漏れしてしまった』

Aさん

Aさん
リフォーム会社に補強の必要を尋ねなかった私も悪いのですが、工事で開けた浴室の穴から水が漏れて、大変なことになってしまいました。後から120万円ほど別のリフォームが必要になったので後悔しています

 

安心・安全に最安値でお風呂のリフォームを検討するなら

あなたの大事な住まいは、あなたを始めご家族全員の人生そのもの。

そんな大切な場所だからこそ、あなたにもご家族にとっても最高の環境で過ごすことができたら一番ですよね。

佐藤さん

佐藤さん
今の家を全体的にリフォームしたいんだけど、それ自体が可能なのか、新築の方が先のこともトータルで考えた時にメリットが多いのかな…。
田中さん

田中さん
子供の将来のことも考えて、家の間取りを変更してみたいんだけど、どこに頼めば安心してお得に工事してくれるのかな?
内藤さん一家

内藤さん一家
2世帯だから自分の親の介護のことも考えて、トイレやお風呂も含めたバリアフィリーもできるのだろうか。
大山さん

大山さん
玄関のドアや家の外壁もお得に見直すことができたらいいな!
山本さん

山本さん
キッチンも快適にリフォームして美味しい料理をもっとたくさん作りたいな。収納も充実させたい!

子供の成長や親御様の老後、あなたとあなたの大切な人の将来を考えた時に、その生活や環境の変化によって毎日の空間も変えることができたらいいな!と思いますよね。

毎日の空間だからこそ、家族全員が充実した楽しい暮らしができるようにしていきたいもの。

 

今では、こうした暮らしの変化に合わせてリフォームやリノベーションが流行っていますが、中にはその幸せな気持ちを逆手にとって飛び込みで営業をかけてくる業者や、実際に工事をしてもらっても低単価で技術の低い人を雇っていたりして、結局その後トラブルが続出してしまうという悪徳業者の横行も目立ち始めています。

 

家は一生モノだからこそ、失敗のない丁寧で安心・安全な業者にお手入れしてもらいたいですよね。

だからこそ、実績と信頼のおける複数の業者に一括でみてもらい、あなたとご家族が総合的にきちんと判断できる状態から始めていきたいところではないでしょうか。

 

そこでおすすめなのがリショップナビの総合一括見積もりサービス。

リショップナビなら、

  1. ご依頼:お電話OK!メールで簡単30秒で入力完了
  2. 業者査定:専門スタッフが最大5社の業者選定
  3. ご紹介:優良業者のみをご紹介し、徹底比較・検討し最安値が見つかる!

といった簡単3ステップなのに、安心してあなたに合った優良なリフォームに特化した業者を選ぶことができるんですよ♪

 

リショップナビがご紹介するのは、保険の加入状況やリフォーム工事実績など複数項目の審査にクリアした会社のみ!

コンシェルジュが厳選した業者で施工し、万が一リフォームの工事ミスがあった場合でも、再工事費用をカバーする『安心リフォーム保証制度』に加入しているリフォーム会社をご紹介しているからとことん安心なんです!

>>無料で一括見積もりをしてみる

大事な住まいをリフォームする際には、今や複数業者の比較が必須です。

  • リフォーム価格
  • キッチン・洗面台などの材料費
  • 配送や取り付けなどにかかる人件費
  • 送料や不用品などの諸経費

このように価格が決められる中で、リフォーム会社によっても得意な工事が異なるから、その分あなたが支払う費用や住まいにとって納得のいくものであった方が圧倒的に良いですよね。

https://reform-navi.design/

これだけ費用の差が出てしまうのですから、不当に高い工事になってしまうことだって十分に考えられるのです。

だからこそ、複数業者での比較をして、こだわる部分・節約できる部分を明確するための徹底検討が必要になってくるんですよ!

 

図のように、リショップナビなら見積もり書を比較するだけで最大50%OFFになることも。

住まいにあまり詳しくない方でも、専門スタッフに相談しながらあなたに合ったプランで進めてくれる。

https://reform-navi.design/

一定基準をクリアしている業者を始め、知名度の高い安心の大手業者とも提携しているから、幅広く徹底的に検討していくことが可能になるのです。

お見積は完全無料ですので、まずは試しに比較してみてはいかがでしょうか♪

>>【簡単30秒】無料で一括見積もりしてみる

 

リショップナビ利用者の口コミ・評判

 

佐藤さん:納得のいくリフォームできました!

https://reform-navi.design/
佐藤さん

佐藤さん
築年数も20年たっていたところなので、見た目も古く訪問販売からフルリフォームを提案されていました。外壁だけでも250万円で見積もりを出されていたので、この金額が適正なものなのかわからず、不安に思いリショップナビに相談してみたんです。すると「高過ぎる!」とのことで実際に見積もりをしてもらったんです。紹介された中の最安値で業者を決めましたが、訪問販売で提示されていた外壁だけの部分でも165万円になって安く工事ができました!

 

田中さん:快適に暮らせています

https://reform-navi.design/
田中さん

田中さん
部屋をひとつにしたところもあり、空間が広くなってとても快適です。将来的にこども部屋にもその他のニーズにも十分に答えてくれそうで、可能性が広がっています!

 

内藤さん一家:みんなが使いやすくなりました

内藤さん一家

内藤さん一家
浴室もトイレもみんなが使いやすいようにリフォームすることができました。リショップナビで複数業者を検討したおかげで、一番高いところから40%も安く工事することができたんです。このお金で旅行にでも行こうと思います!

 

大山さん:23万円で大満足!

https://rehome-navi.com/articles/205

出典:https://rehome-navi.com/articles/205

大山さん

大山さん
最初に古くなっていた玄関のドアを見積もりしうてもらい、1枚片開きのドアを交換してもらい23万円で今時の玄関が完成しました。その後も一切トラブルなく、この後は外壁の工事もお願いしてます。家がキレイに整っていくと生活も気分も充実していきますね!

 

山本さん:得意な業者だからお得で便利になりました

山本さん

山本さん
収納が少なく使いにくかったキッチンが快適に!最初はどんなキッチンにするかどこに依頼すれば良いのかもわからなかたったのですが、リショップナビに相談したところキッチンリフォームが得意な会社を紹介してもらえたので、どうにもならないと思っていた空間がお得に便利になりました!

 

風呂バリアフリー化のリフォーム まとめ

今回は『お風呂場のバリアフリー化リフォーム』について纏めて来ました。

 

ずばり

  • お風呂場のリフォームのキモは手すりの追加と扉の変更と段差の解消
  • 余裕があれば断熱性も向上させること(ヒートショック防止のため)
  • ユニットバスのお風呂は後からバリアフリー化させ辛いので注意
  • 手すりを追加した場合などには開けた穴の防水処理に気をつける
  • 水漏れが起きると浴室の基礎などが腐食する恐れが
  • お風呂場そのものを変更する、などの大型工事でない限り費用は50万円前後
  • バリアフリー化を目的としたリフォームには介護保険と自治体からの助成金が出るかも

ということになります。

 

お風呂場のバリアフリー化は大切なことですが、しかし入念に計画しないと失敗する恐れもあります。

 

施工業者などの知恵を借りながら、しっかりプランニングしたうえで工事に望みましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフォーム壁紙の選び方7つのイメージ

リフォーム壁紙の選び方7つのイメージ

リフォーム『キッチンカウンター』天板の高さ・収納の費用の相場はいくら?

リフォーム『キッチンカウンター』天板の高さ・収納の費用の相場はいくら?

タウンライフリフォーム評判

タウンライフリフォームの評判は悪い?口コミの評価を検証してみた結果

リフォーム壁紙の金額費用の相場は?実例がおしゃれに実現できる!

リフォーム壁紙の金額費用の相場は?実例がおしゃれに実現できる!

リフォーム キッチン移動 安い

リフォーム『キッチン移動』はどこが安い?6つの対策で失敗しない選び方が確実な件

リノコ 評判 口コミ リフォーム 壁紙 トイレ

リノコ評判・口コミは最悪?リフォームで壁紙・トイレはどう?!