Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リフォーム『キッチンカウンター』天板の高さ・収納の費用の相場はいくら?

リフォーム『キッチンカウンター』天板の高さ・収納の費用の相場はいくら?

キッチンカウンターの天板の高さ変更『収納リフォーム』に掛かる費用をご紹介していきます!

 

システムキッチンの利便性は

  • シンクの広さ
  • コンロの数
  • 収納の多さ
  • キッチンカウンターの天板の高さ

で決まります。

 

実際に、システムキッチンのリフォームといえば『天板の高さを自分好みにしたい』とか『収納を増やしたい』というものが大部分を占めます。

 

今回はその『天板の高さ変更』や『収納の数を増やす』のに必要な費用についてクローズアップしてみましょう。

システムキッチンの天板の高さを変えたい!

 

そもそもなぜ高さ変更が必要か

食事は自炊がデフォルトの家田さん

食事は自炊がデフォルトの家田さん
料理ができればモテるし、何よりコスパがいいと思って自炊を始めたけど・・・

料理をすると何時も腰が痛くて、不思議だなぁ~?

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
それはシステムキッチン(以下キッチン)の高さが関係しているかもしれません

キッチンの高さは、高すぎれば肩が、低すれば腰に負担を掛けると言われています

 

キッチンの高さの理想は

 

  • キッチンの高さ=(主にキッチンを利用する人の)身長÷2+5cm(前後)

 

とされています。

 

たとえば

  • 156cmの人がキッチンを利用する場合、83cmが理想
  • 170cmの人がキッチンを利用する場合、90cmが理想

となるわけですね。

 

ただし、キッチンの高さは一般的に5cm刻みで設定されていますし、おおよその家庭では80~85cmが備え付けられています。

 

よって、人によってはキッチンの高さが合わず、身体のどこかに痛みや、ひどいと歪みが生じる可能性があります。

 

それでなくともキッチンの高さが合わないと料理がしづらく、ともすると怪我の危険性があります。

 

それらを防止し、且つより使いやすくするために『天板の高さ変更』が必要になってきます。

 

高さの変更をする場合は、業者にもよりますが、1cmかそれ以下(0.5cm刻みなど)で上げ下げすることが可能です。

 

【ただし!】キッチンの部位によって理想の高さが異なる

 

キッチン天板の高さは基本的に均一です。

 

つまりコンロやシンクも同じ高さになるように設計されています。

 

しかし実際には、コンロはやや低い位置にある方が鍋やフライパンの中身を見通し安くシンクは高い位置にある方が洗い物をするときに疲れにくく洗いやすい、とされています。

 

よってキッチンのリフォームをする際にはそのあたりの微妙な調整も忘れてはなりません。

 

業者の方とよく相談するか、どこかお近くのショールームで理想的な高さを探ってみるのもいいでしょう。

 

天板の高さを変えるための費用

 

これにはいくつか種類があり、それはだいたい次のように纏められます。

 

工事内容 予算
既存のキッチンを高くする 費用は15万円前後
新しいものにすげ替える 50~100万円

 

『新しいものにすげ替える』場合、その費用はかなり高額になってきます。

 

50~100万円と値段に幅があるのは、どのタイプのキッチンを選ぶかで値段が変わるためですね。

 

また、壁付けタイプのキッチンをアイランド型キッチン(※)に変更する、などとなると、配管の移動工事などもあって、上記の図とは別に更に50~100万円が必要になることがあります。

 

なお、高さを高くする工事は簡単ですが、低くする工事は難易度があり、すげ替えることが多いようです。

 

※キッチンが壁から独立しているもの。

キッチンの収納数を増やしたい!

キッチンの収納数は多い方がいい?

食事は自炊がデフォルトの家田さん

食事は自炊がデフォルトの家田さん
料理を作るようになってから、つくづく思うんだけど

キッチンの収納の数って多い方が便利だよなぁ~!

リフォームに詳しいリサ先生

リフォームに詳しいリサ先生
まさしくその通り!

ただし、収納は無闇に増やすと痛い目を見ることもあります

 

キッチンの収納量の多さは、ほぼイコールで炊事のしやすさです。

 

ですからキッチンのリフォームをするとき、とにかく収納の量を増やす人が居るのですが…

 

これは誤りかもしれません。

 

台所の間取りを広くする工事も並行して行なうならまだしも、そうでない場合、収納の数を増やすことはひとつひとつの収納の大きさが小さくなることを意味します。

 

そうなると、大型の家電や調理器具がどこにも入らない、という事態を招く場合があります。

 

また、単純に台所の広さが狭まって動線が減り、怪我や事故のリスクが増すことも懸念されますね。

 

ですから『キッチンの収納数』は、

 

  • 家族の数(食器や調理器具の数)
  • 大型の家電や調理器具の数

 

をよく勘案し、そのうえで自分に適切な数+α、ぐらいで考えましょう。

 

もう少し食器や調理器具を増やしても余裕があるな、ぐらいの収納数がベストです。

 

キッチンの収納の種類と食器棚

 

ちなみにキッチンの収納はおおよそ

 

  1. キッチン本体についているもの(戸棚やスライド棚)
  2. 天板の上
  3. 吊り戸棚

 

の3つ、つまり『キッチン本体とそれに付随するもの』からなります。

 

希な例ですが、床下収納がついている場合、これもキッチンの収納ということになるようです。

 

なお、食器棚などは『キッチンの収納』ではなく『台所のスペースを利用した収納用家具』になりますので、『キッチンの収納』とは区別されます。

 

食器棚の設置数を増やしたい!というようなリフォームは『台所の間取りを変更するもの』となります。

 

キッチンの広さにも依りますが、間取り変更には50~200万円ぐらいまで、幅広く、そしてそれなりに高額なリフォーム費用が掛かることが多くなります。

 

キッチンのリフォーム費用は?

 

おおよそ次の通りとなります。

天板を広げる場合 10~20万円
床下収納を追加 10~20万円
吊り戸棚を追加 5~10万円
本体に引き出しを追加する 10~20万円

なお、吊り戸棚に重い物を載せる場合、戸棚が落ちてこないようにするための補強リフォームが必要になります。

 

この費用はおおよそ5~10万円程度です。

 

それと、吊り戸棚はところによってはレンジフードと場所を取り合う恐れがあります。

 

その際は単純に配置を諦めるか、位置を新たに検討し直すか、15万円前後でレンジフードを付け替えることも可能です。

 

また床下収納はその仕様上、どうしても床下にある程度のスペースが必要になるほか、水道管の位置などとの兼ね合いがありますから、家庭によっては設置できません。

 

同様に引き出しを追加する場合、内部の配管の位置次第ではやはり設置できないことがあります。

 

引き出しがシンクと下水を結ぶ配管に接触してしまうと大変なことになるからですね。

キッチンをリフォームした人の口コミ

Aさん『キッチンをオーダーメイドした』

 

Aさん

Aさん
我が家のキッチンは古い上に低過ぎたので、奮発してシステムキッチンごと入れ替えました。200万円使って、アイランド型のキッチンをほぼオーダーメイドしたのですが、本当に使いやすいキッチンを作りたいなら、細かいところにまで拘れるオーダーメイドがいちばんだと思います

 

Bさん『吊り戸棚の補強は必ずした方がよい』

 

Aさん

Aさん
吊り戸棚を2箇所増設しました。それ自体は20万円で出来たのですが、やった方がいいと言われた補強代をケチったお陰で、鍋を幾つか乗せていたら戸棚がオッコってきました。絶対に吊り戸棚は補強しないと駄目ですね

 

Cさん『床下収納は便利』

 

Aさん

Aさん
ちょっとした床下収納を追加してもらいました。費用は全部で14万円ぐらいでした。これがあると非常食なんかを備蓄しておけるので便利ですね

 

Dさん『高さ変更は安かった』

 

Aさん

Aさん
実家のキッチンをリフォームして高さを変えました。かなり細かく変えられるというので、3.5cm高くして貰っています。それまで腰が痛くてたまらなかったのがだいぶマシになりました。費用は9万円ぐらいで、かなりお安くかったと思います

 

安心・安全のリフォームをするなら“保証あり”が一番

あなたの大事な住まいは、あなたを始めご家族全員の人生そのもの。

そんな大切な場所だからこそ、あなたにもご家族にとっても最高の環境で過ごすことができたら一番ですよね。

佐藤さん

佐藤さん
今の家を全体的にリフォームしたいんだけど、それ自体が可能なのか、新築の方が先のこともトータルで考えた時にメリットが多いのかな…。
田中さん

田中さん
子供の将来のことも考えて、家の間取りを変更してみたいんだけど、どこに頼めば安心してお得に工事してくれるのかな?
内藤さん一家

内藤さん一家
2世帯だから自分の親の介護のことも考えて、トイレやお風呂も含めたバリアフィリーもできるのだろうか。
大山さん

大山さん
玄関のドアや家の外壁もお得に見直すことができたらいいな!
山本さん

山本さん
キッチンも快適にリフォームして美味しい料理をもっとたくさん作りたいな。収納も充実させたい!

子供の成長や親御様の老後、あなたとあなたの大切な人の将来を考えた時に、その生活や環境の変化によって毎日の空間も変えることができたらいいな!と思いますよね。

毎日の空間だからこそ、家族全員が充実した楽しい暮らしができるようにしていきたいもの。

 

今では、こうした暮らしの変化に合わせてリフォームやリノベーションが流行っていますが、中にはその幸せな気持ちを逆手にとって飛び込みで営業をかけてくる業者や、実際に工事をしてもらっても低単価で技術の低い人を雇っていたりして、結局その後トラブルが続出してしまうという悪徳業者の横行も目立ち始めています。

 

家は一生モノだからこそ、失敗のない丁寧で安心・安全な業者にお手入れしてもらいたいですよね。

だからこそ、実績と信頼のおける複数の業者に一括でみてもらい、あなたとご家族が総合的にきちんと判断できる状態から始めていきたいところではないでしょうか。

 

そこでおすすめなのがリショップナビの総合一括見積もりサービス。

リショップナビなら、

  1. ご依頼:お電話OK!メールで簡単30秒で入力完了
  2. 業者査定:専門スタッフが最大5社の業者選定
  3. ご紹介:優良業者のみをご紹介し、徹底比較・検討し最安値が見つかる!

といった簡単3ステップなのに、安心してあなたに合った優良なリフォームに特化した業者を選ぶことができるんですよ♪

 

リショップナビがご紹介するのは、保険の加入状況やリフォーム工事実績など複数項目の審査にクリアした会社のみ!

コンシェルジュが厳選した業者で施工し、万が一リフォームの工事ミスがあった場合でも、再工事費用をカバーする『安心リフォーム保証制度』に加入しているリフォーム会社をご紹介しているからとことん安心なんです!

>>無料で一括見積もりをしてみる

大事な住まいをリフォームする際には、今や複数業者の比較が必須です。

  • リフォーム価格
  • キッチン・洗面台などの材料費
  • 配送や取り付けなどにかかる人件費
  • 送料や不用品などの諸経費

このように価格が決められる中で、リフォーム会社によっても得意な工事が異なるから、その分あなたが支払う費用や住まいにとって納得のいくものであった方が圧倒的に良いですよね。

https://reform-navi.design/

これだけ費用の差が出てしまうのですから、不当に高い工事になってしまうことだって十分に考えられるのです。

だからこそ、複数業者での比較をして、こだわる部分・節約できる部分を明確するための徹底検討が必要になってくるんですよ!

 

図のように、リショップナビなら見積もり書を比較するだけで最大50%OFFになることも。

住まいにあまり詳しくない方でも、専門スタッフに相談しながらあなたに合ったプランで進めてくれる。

https://reform-navi.design/

一定基準をクリアしている業者を始め、知名度の高い安心の大手業者とも提携しているから、幅広く徹底的に検討していくことが可能になるのです。

お見積は完全無料ですので、まずは試しに比較してみてはいかがでしょうか♪

>>【簡単30秒】無料で一括見積もりしてみる

 

リショップナビ利用者の口コミ・評判

 

佐藤さん:納得のいくリフォームできました!

https://reform-navi.design/
佐藤さん

佐藤さん
築年数も20年たっていたところなので、見た目も古く訪問販売からフルリフォームを提案されていました。外壁だけでも250万円で見積もりを出されていたので、この金額が適正なものなのかわからず、不安に思いリショップナビに相談してみたんです。すると「高過ぎる!」とのことで実際に見積もりをしてもらったんです。紹介された中の最安値で業者を決めましたが、訪問販売で提示されていた外壁だけの部分でも165万円になって安く工事ができました!

 

田中さん:快適に暮らせています

https://reform-navi.design/
田中さん

田中さん
部屋をひとつにしたところもあり、空間が広くなってとても快適です。将来的にこども部屋にもその他のニーズにも十分に答えてくれそうで、可能性が広がっています!

 

内藤さん一家:みんなが使いやすくなりました

内藤さん一家

内藤さん一家
浴室もトイレもみんなが使いやすいようにリフォームすることができました。リショップナビで複数業者を検討したおかげで、一番高いところから40%も安く工事することができたんです。このお金で旅行にでも行こうと思います!

 

大山さん:23万円で大満足!

https://rehome-navi.com/articles/205

出典:https://rehome-navi.com/articles/205

大山さん

大山さん
最初に古くなっていた玄関のドアを見積もりしうてもらい、1枚片開きのドアを交換してもらい23万円で今時の玄関が完成しました。その後も一切トラブルなく、この後は外壁の工事もお願いしてます。家がキレイに整っていくと生活も気分も充実していきますね!

 

山本さん:得意な業者だからお得で便利になりました

山本さん

山本さん
収納が少なく使いにくかったキッチンが快適に!最初はどんなキッチンにするかどこに依頼すれば良いのかもわからなかたったのですが、リショップナビに相談したところキッチンリフォームが得意な会社を紹介してもらえたので、どうにもならないと思っていた空間がお得に便利になりました!

 

リフォーム『キッチンカウンター』天板高さ・収納費用 まとめ

今回は『キッチンカウンターの天板の高さ』や『キッチンの収納リフォーム』の費用などについて纏めてきました。

 

ずばり

 

  • キッチンの高さは個人にあったものでないと身体に負担が掛かる
  • 高くする分には10~15万円ぐらいで可能
  • 低くするのは難しく、かなり高額なキッチンの買い替えが必要か
  • 収納は多ければ多いほど良いというわけでもないので、自分(たち)にあった数を
  • 吊り戸棚を追加する場合は補強工事を忘れずに
  • 収納の追加は基本的にどれも10~20万円で可能

 

こういうことになるでしょうか。

 

キッチンの使いやすさは高さと収納の数に依存しますが、だからといって安易に上下させたり追加したりしてはいけません。

 

自分や家族にあった最適な数値を事前に調べた上で、それにあったリフォーム・プランを練りましょう。

 この記事へのコメント

  1. 藤崎 喜美枝 より:

    キッチンカウター の天板を(集成材?) ウォールナットに変えたい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフォーム『キッチン』マンションの費用・相場と工期は?口コミの評判も掲載

リフォーム『キッチン』マンションの費用・相場と工期は?口コミの評判も掲載

リフォーム壁紙の選び方7つのイメージ

リフォーム壁紙の選び方7つのイメージ

リフォーム diy 壁 床

リフォームDIY『壁・床』自分でできるわが家の道具・方法

アエラのリフォーム

アエラのリフォーム評判は?口コミでわかった無料診断の結果

リフォーム 風呂 バリアフリー

リフォーム風呂のバリアフリー費用・相場は?注意点と口コミ

リフォーム 風呂 増設 移動 費用

リフォーム風呂増設・移動費用の相場は?知っておくべき4つのポイント